«

»

5月 03

Print this 投稿

好きな詩をくちずさんでみよう!Let’s Recite Our Favorite Poems!

2020年4月29日、今日は山口市の生んだ詩人 中原中也の生誕記念日で、例年 中原中也記念館の前庭で「空の下の朗読会」が盛大に開催されるところであるが、今年は新型コロナウイルスのために中止となった。

その代り「#中也Web朗読会」という新しい記念事業が開催された。

私が選んだ中原中也の詩は「一つのメルヘン」である。自分はこの詩を日本語と英語で朗読することにする。
残念ながら、自分の技量不足でtwiiter「#中也 web 朗読会」にiPhoneで撮った動画をアプロードすることが出来ず、ようやくこのページに紹介することが出来るようになった。

次にその原稿とその朗読を紹介する。

   一つのメルヘン            One Fairy Tale

中原中也                                                                         Chuya Nakahara

 

秋の夜(よ)は、はるかの彼方(かなた)に、 At night in Autumn. Far faraway

小石ばかりの、河原があって、         There is a stony river-bed

それに陽は、さらさらと            Against the river-bed the sun is shining

さらさらと射しているのでありました。           The sun is shining with a pleasant sound

                      Sara-sara

陽といっても、まるで硅石(けいせき)か何かのようで、

                      The sun, which is something like silica

非常な個体の粉末のようで、        Something like the powder of a solid body

さればこそ、さらさらと            That’s why it is making a faint sound

かすかな音を立ててもいるのでした。      With a pleasant soundSara-sara

さて小石の上に、今しも一つの蝶がとまり  Now, a butterfly is settling on a small stone

淡い、それでいてくっきりとした        Which casts a shadow (silhouette)

影を落としているのでした。          A faint, but vivid shadow (silhouette)

やがてその蝶がみえなくなると、いつのまにか、Soon after the butterfly disappears

今迄(いままで)流れてもいなかった川床に、水は

                 On the river-bed, where there has been no water flowing

さらさらと、さらさらと流れているのでありました……

         There has appeared a flowing river with a pleasant sound Sara-sara

 

翻訳:藤山 照夫            Translated by Teruo Fujiyama

 

 

中原中也の詩に興味のあるお方は、どうぞこのホームページの右側にある「最近の投稿」欄にある

「中原中也の詩を覗いてみよう!」及び「中原中也の四季の詩」をご覧ください。

その他、「国木田独歩の詩碑 山林に自由存す」や

「山を愛した詩人 串田孫一」などもありますので、どうぞごゆっくりご覧ください。

**********

    青い蝶      A Blue Butterfly

次にヘルマン・ヘッセの詩「青い蝶」を紹介します。

この詩に出逢ったのは、つい最近のことで、JAF Mate の5月号5ページに下重暁子様の随筆「幸せってなんだろう」の冒頭に載っていました。

「一羽の小さい青い蝶が / 風に吹かれて飛んでゆく」それは全体で8行の短い詩ですが、元来 詩が好きで、短い詩や物語などを少しばかり英語に翻訳したりしている自分は、直ぐに

この「青い蝶」の虜になってしましました。

下重暁子様(以後 下重さんと呼ばせていただく)は「青い蝶」との出会いについて次のように述べておられる。

「私が愛してやまないのは「庭仕事の愉しみ」(注ーヘルマン・ヘッセ著)の中にあるこの詩である。特にしあわせがわたしに合図しながら 「きらきらちらちら消えていった」という一節だ。」

「大学時代、友人の故郷、島根県の智頭(ちづ)にある広大な庭を父君に案内されている時、池の畔(ほとり)で、小さな黄色い蝶が先に立った。その時もこの詩を思い浮かべた。

「時々心が折れそうになると、私はこの本(注ーご自身のCD付きご著書「くちずさみたくなる名詩」)を開き、「青い蝶」をくちずさむ。そうすると、一瞬目の前に小さな蝶が現れ、きらきらちらちら消えてゆく。その瞬間私は幸せの合図を知る事が出来る。

実は、このホームページの著者も、下重さんの「青い蝶をくちずさむ」に魅せられてこのページのタイトルを「好きな詩をくちずさんでみよう!と肖(あやか)らせていただいた次第である。

なお、下重さんの随筆には、可愛い青い蝶」の写真が載っていたので、その写真の掲載をJAFにお願いしたけれども、その掲載は出来ないということなので、butterfly.png(無料の写真) を掲載させていただく。

「森ふくろう@里山を歩こう」の akashizimi0119 さんから教わったのですが、次の蝶はツバメシジミだそうです。

 

上記「森ふくろう@里山を歩こう」の akashizimi0119 さんが、この度ホームページに綺麗な青い蝶「オオミドリシジミ」の素晴らしい写真を紹介されました。
この詩「青い蝶」は多分このような蝶ではないかと思います。そこで此処に掲載することのご了解を得ましたので、次に掲載させていただきます。温かいご高配に感謝します。
もっとご覧になりたい方は次をクリックしてください。
http://www3.plala.or.jp/asia-butterflies/satoyama0/2180-3.html

  青い蝶            A Blue Butterfly

ヘルマン・ヘッセ              Hermann Karl Hesse

岡田 朝雄 訳               Translated by Asao Okada

 

一羽の小さい青い蝶が         One blue butterfly

風に吹かれて飛んでゆく        Flies away blown by the wind

真珠母色のにわか雨が           Light showers of pearl oyster color disappear

きらきらちらちら消えてゆく      From sight glistening and sparkling

 

そのように一瞬きらめきながら     In such a way glistening for a moment

そのように風に飛ばされて       In such a way blown by the wind

しあわせがわたしに合図しながら          Giving a signal to me (Winking at me)

きらきらちらちら消えていった             Happiness disappears glistening, sparkling

 

翻訳;藤山 照夫                          Translated by Teruo Fujiyama

https://youtu.be/kftj32H83g4

 

        ***********

 

   蝶               A Butterfly

次に同じくヘルマン・ヘッセの詩「蝶」を紹介したい。この詩はヘルマン・ヘッセの作品を 読んでいる時、「ヘッセ」 筑摩文学大系 62 P.393 で見つけた詩である。
「青い蝶」を読んだ後だったので、その魅力は一段と増してきて、直ちに翻訳してしまった。ドイツ語からの翻訳者は尾崎喜八氏で、既にお亡くなりになっているので、お身内の石黒敦彦 様のご了解を得て、ここに掲載させていただく。

 

  蝶                 A Butterfly

ヘルマン・ヘッセ                   Hermann Hesse

尾崎喜八訳                 Translated by Kihachi Ozaki

 「ヘッセ」 筑摩文学大系 62  P.393

 

或る悲しみに見舞われていた時のことだった、  It was time when I was overcome

                                   with deep sorrow

私は野中を歩きながら              While I was walking in the field

一羽の蝶を目撃した。              I found a butterfly

蝶はあざやかな白と暗紅色とに彩られて、    It was colored in vivid white and

                           dark red

青い風の中をひらひらと飛んでいた。       The butterfly was fluttering

                         in blue wind

おお、お前だ!子供の頃、            Oh, it’s You!  In my boyhood,

世界がまだあんなにも朝のように晴ればれと、  When the world was so fair

                            and fine like a fine morning

まだあんなにも天に近いものに見えた頃、    When it still looked so near

                         to the heavens

その美しいつばさをひろげているお前を     It was the last chance when I saw

私の見たのが最後だった。             you spread your beautiful wings

 

楽園から私に来たお前、           You, who have flown from the paradise

色も綾になよなよと風に吹かれて行く者よ。  Who are blown away feebly

                             in very sweet color

今お前の深い神々しいかがやきを眼の前に、   Now, your divine glare before my eyes

なんと私が他所者(よそもの)らしく又羞恥に満たされて、 Being in deep shame

                                                                                       like a total stranger

内気な目つきで立っていなかればならないこと Why should I have to stand up

  だろう!                                                           here with bashful eyes?

白と赤との蝶は                                            The white and red butterfly

野のほうへと吹かれて行った。                        Was blown to the field by the wind

そして私は夢見ごこちに歩を進めたが、         And I kept on walking as if I were

                                                                                dreaming

その私に、楽園からの                                     Then a silent glare from

ひとつのしずかなかがやきが残されていた   The paradise was left for me

 

翻訳:藤山 照夫                              Translated by  Teruo Fujiyama

*************

青い空に浮かぶ白い雲に呼びかける詩は、色々な場面で詠われている。
山口県の瀬戸内側に位置する田布施町に縁(ゆかり)の深い国木田独歩は、高塔山(独歩はこの山のことを「高叫山」と呼んでいる)の頂上から次のように詠っている。

 

雲やどこへいく                                       Oh, Clouds! Where are you going?

お前のあしははやいな                         You are very fleet of  foot.

箕山へいくか/琴石へいくか                  Are you going toward Mt.Miyama or Mt.Kotoishi?

翻訳:藤山 照夫        Translated by  Teruo Fujiyama

(「田布施町と国木田独歩」https://www.fujiyama-jp.net/wp/?p=2443)

また、2020年7月号の雑誌「サライ」(小学館)の「今日のことば」
https://serai.jp/hobby/267854 で、矢島裕紀彦氏は山村暮鳥の詩「雲」
を次の紹介しておられる。(小学館「サライ」編集部の温かいご了解を得ている)

 

おうい雲よ/ゆうゆうと         Oh, Clouds! How comfortably you float!
馬鹿にのんきさうぢやないか    How happy-go-lucky you look!
どこまでゆくんだ        How far are you going from now?
ずつと磐城平の方までゆくんか  Are you going as far as Iwaki-taira
Plateau?               
翻訳:藤山照夫      Translated by Teruo Fujiyama

また、上記の詩「青い蝶」や「蝶」を詠んだヘルマン・ヘッセも「白い雲」という詩を詠んでいる。
白い雲                                                           White Clouds

 

ヘルマン・ヘッセ                   Hermann Hesse

尾崎喜八訳                 Translated by Kihachi Ozaki

「ヘッセ詩集」より

おお、見よ、彼らは又しても         Oh, Look!   The White Clouds are

忘れられた美しい歌の         Floating in the blue sky again,

ひそやかなしらべのように       Like a stealthy and silent tune

青い大空をただよって行く!              Of sweet song forgotten!

長い旅路でさすらいの                        Only the person that has made a long journey

ありとある苦しみや喜びを                Wandering and that has experienced

味わい知った心でなければ                Every kind of suffering and delight

彼らを理解することはできない。     Would be able to understand the White Clouds

太陽や、海や、風のような、            I love what is white and wayward

白いもの、気ままなものを私は愛する。Such as the Sun, the sea, and the wind.

なぜならば彼らは家無き者の            Because they are the sister and angel

姉妹でもあれば天使でもあるのだから。Of the person who has no home.

翻訳:藤山 照夫           Translated by Teruo Fujiyama

 

 

****************

例年4月29日に中原中也記念館前提で開催される「空の下の朗読会」が、 今年は新型コロウイルスの影響で中止になり、「#中也web朗読会」になった。
その代わり、今年は11月7日に中原中也記念館前庭で「空の下の朗読会」が開催され、同時に「#中也web朗読会2020」が開催される。
「空の下の朗読会」では著作権使用料の関係で、ウェブサイトに公開できない、長田弘氏の詩「それぞれの心の中の川」を朗読する予定である。
ここに紹介する中原中也の詩「漂々と口笛を吹いて」は11月7日当日、開催の
「#中也web朗読会2020」に掲載した詩である。

漂々と口笛吹いて(朗読)                            Whistling with a Light Heart

中原中也 Chuya Nakahara

 

漂々(ひょうひょう)と 口笛吹いて 地平の辺(べ)Whistling with a light heart

歩き廻(まわ)るは……                Walking around across the ground

一枝(ひとえ)の ポプラを肩に ゆさゆさとCarrying a branch of poplar on the shoulder

葉を翻(ひるが)えし 歩き廻るは         Swinging back and forth, fluttering the leaves

褐色(かちいろ)の 海賊帽子(かいぞくぼうし) ひょろひょろの

            Walking around across the ground Putting on a brown pirate cap

ズボンを穿(は)いて 地平の辺(べ)      Wearing a slender pair of trousers

森のこちらを すれすれに                           This side of the woods, close to it

目立たぬように 歩いているのは                Walking inconspicuously

あれは なんだ? あれは なんだ?        What is that?  What is that?

あれは 単なる呑気者(のんきもの)か? Is that just an easy-going fellow?

それともあれは 横著者(おうちゃくもの)か?Or is that a sly dog (naughty boy)?

あれは なんだ? あれは なんだ?         What is that? What is that?

地平のあたりを口笛吹いて                    Walking around across the ground

ああして呑気に歩いてゆくのは     Walking around free from care (leisurely)

ポプラを肩に葉を翻えし                       Carrying a branch of poplar on the shoulder

ああして呑気に歩いてゆくのは            Walking around free from care (leisurely)

弱げにみえて横著そうで                       Although he looks feeble and impudent

さりとて別に悪意もないのは               Yet he bears no malice toward us

あれはサ 秋サ ただなんとなく               That is Autumn. Without knowing why

おまえの 意欲を 嗤(わら)いに 来たのサHe has come here to laugh at your will

あんまり あんまり ただなんとなく That ‘s too much, too much. Without knowing why

嗤(わら)いに 来たのサ おまえの 意欲を He has come here to laugh at your will

嗤(わら)うことさえよしてもいいと        Soon at the time

やがてもあいつが思う頃には                When he judges he may stop laughing

嗤(わら)うことさえよしてしまえと When he judges to stop even laughing

やがてもあいつがひきとるときには    Soon when he withdraws from here

冬が来るのサ 冬が 冬が                          Winter will come. Winter! Winter!

野分(のわき)の 色の 冬が 来るのサ Winter with the color of wintry blast will

come (for sure)

翻訳:藤山 照夫          Translated by Teruo Fujiyama

 

 

 

 

最後まで見てくださいまして有難うございます。何かお気づきの点がありましたら、

どうぞ下記メールアドレスへお知らせください。

 

email:tfujisan786@mx5.tiki.ne.jp

無断コピー、転載をお断りします。

 

Permanent link to this article: https://www.fujiyama-jp.net/wp/?p=3063

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください